脱毛のシステム

脱毛を語るには、まず体毛の構造を知る必要があります。体毛は皮膚の外にでている毛幹と皮膚の中に埋もれている毛根からなりたちます。カミソリなどで剃っても生えてくるのは、毛幹だけ剃って毛根が残っている(生きている)ため伸びてくるのです。

土に生えている植物における茎と根に例えれば分かりやすいと思います。毛根は皮膚の真皮だけではなく、皮下組織まで到達しており、その部分は膨らんでおり毛球といいます。毛球の底は窪んでおり毛乳頭と呼ばれ、そこから毛母細胞に栄養が送られ、毛は成長していくことになるのです。

専門的に行われる脱毛は、毛幹ではなく皮膚の中にある毛乳頭を破壊することによって脱毛を行うものです。レーザー脱毛や光脱毛は、レーザーにより毛乳頭を肌の外から破壊するのですが、絶縁針脱毛は毛根に針を通して行うため、確実に毛乳頭を破壊することはできますが、痛さと時間がかかってしまうことになるのです。

レーザーの原理としては、黒色に吸収されるレーザーを掃射し、毛根部のメラニンに光が吸収されそこが熱を持ちます。その熱エネルギーにより、毛を発生させる毛乳頭を破壊するのです。前項で示したように、レーザー脱毛と光脱毛では出力(エネルギー)に差があります。その差が熱の違いとなり、結果として脱毛力の差になるのです。

 

レーザーは万能ではない

レーザー脱毛は光脱毛よりエネルギーが強く、その結果毛乳頭を破壊する能力が高いということは前項で示しましたが、レーザー脱毛がもたらすものは、脱毛だけではありません。メラニンに反応するため、メラニンが要因として起こりえるシミなどにも効果があります。

つまり美肌にも効果があるといえるのです。レーザーは光より強いエネルギーのため、光では感じられない痛みを感じることがあります。これは個人差もありますが、針脱毛のような痛さではありませんので、耐えられない痛みではありません。またエネルギーが強いので、施術の時間も短く済みますので、人によっては安価で結果がでることがあります。

 

脱毛の良い点ばかりをとっているレーザー脱毛ですが、欠点も存在します。メラニンに反応するために、黒い部分には効果が期待できません。黒子や日焼けで濃い目の肌には毛乳頭で反応しませんので、効果が期待できないのです。特に日焼けは肌自体にダメージがありますので厳禁とされており、日焼けがなくなってから施術を行うことになります。脱毛を行うとき、すべてにおいてレーザー脱毛が優れているというわけではありませんし、できるわけでもありません。クリニックとよく相談をして、施術を行うようにしてください。